かながわ検定とは
 
第11、12回横浜ライセンス
※「第11回かながわ検定・横浜ライセンス」はおかげさまで 無事終了致しました。

第12回本試験
2017年3月26日(日)
会場:横浜市立大学
金沢八景キャンパス
インタビュー・合格者の声

楽しみながら学ぶことがコツ

〜合格者の声 No.3 〜

宮島昌英君

歴史のことには興味しんしん

宮島 昌英 (みやじま まさひで)君

第4回かながわ検定・横浜ライセンス 4級合格

今回の横浜ライセンスのことは、どこで知りましたか?

横浜ライセンスのことは、学校で検定のことを知ったお母さんに教えてもらいました。それで、僕は社会科や歴史がもともと好きでいろんな本を読んでいたこともあったので、チャレンジしてみようと思って受験しました。

受験の前に、どんな勉強をしましたか?

一番参考になったのが、学校の社会科で使う「わたしたちの横浜」という副読本でした。横浜の歴史や地理のことが詳しく載っているので、僕はこれが大好きなんです。他にも図書館で興味がある本を借りて読んでいたので、特別に受験のための勉強をしたというよりは、楽しみで読んだり調べたりしたことが、受験に役に立ちました。

合格したときの気持ちはどうでしたか?

緊張も飲み物でほっと一息


受けてみると結構むずかしかったので、合格してとてもよろこびました。特に横浜ライセンスのカードをもらったとき、「本当に受かったんだ!」という実感があって、とてもうれしかったです。

3級、2級、1級とあるけど、どうする?

う〜ん、問題が難しいので、すぐには無理かもしれないけど、次は3級を目指したいと思っています。今小学校5年生なので、小学校を卒業するまでに3級に受かるのを目標にしようかなと思っています。

横浜、自分の住んでいる所のどんなところが好き?

江戸時代は、もともと漁師さんがいる小さな村だった横浜が、ペリーが来てから急に発展したということを知って、すごいなと思いました。そんな歴史を持っている横浜がとても好きです。今回の受験で、横浜のことをもっと知りたいと思いました。

将来は何になりたい?

インタビュー終了後、tvkスタジオ を見学


僕はもともと本を読むのが好きで、興味があることを調べたりすることもよくします。学校ではクラス新聞も作っています。歴史が大好きなので、将来は歴史を研究する仕事ができるといいなと思っています。