かながわ検定とは
 
12回横浜ライセンス
※「第12回かながわ検定・横浜ライセンス」はおかげさまで 無事終了致しました。

‘横浜ものしりクイズ’ カテゴリーのアーカイブ

2004(平成16)年の緑被率調査によると、横浜全市では緑被率は31.0%となっているが緑被率が最も高い区はどこでしょうか。

横浜市は、東京のベッドタウンとしての性格を持つ大都市だが、それを測る指標として昼夜間人口比率がある。比率が低いとそうした性格が強いと言えるが、次にあげる区のうち最もベッドタウン的なのはどこでしょうか。

現在の横浜市政は、「協働推進の基本指針」(2004年7月策定)が広く運用されているが、その基本は「横浜コード」の6原則として知られている。次のうち6原則に入っていないのはどれでしょうか。

現在の伊勢佐木町界隈は、江戸時代に吉田勘兵衛によって入海を埋め立てて開発された吉田新田の一角にあたる。吉田新田が完成したのはどの年か。

1946(昭和21)年2月、戦後初の天皇の地方巡幸が川崎・横浜両市で行われた。横浜市内の行幸先として入らないところは次のどれでしょうか。

1923(大正12)年の関東大震災からの復興事業に引き続き、実施された「三大事業」に入らないものはどれでしょうか。

幕末に諸外国と締結した通商条約には日本側に不利な条項が多く、「不平等条約」と呼ばれるが、次のうち日本側に不利ではないものはどれでしょうか。

縄文時代の古平潟湾沿岸には4カ所で貝塚が形成された。その中で横浜市域外に位置する貝塚はどれでしょうか。

横浜市内では60カ所以上の貝塚遺跡が明らかにされ、カキを主体に多くの種類の貝が出土している。その中に現在南関東では全く生息していない貝がある。それはどれでしょうか。

下末吉ローム層の地質時代はいつか。